美穂の紅茶の時間です

https://blogs.yahoo.co.jp/practice_confidence

女装は趣味と言う訳ではないのですが、きっかけで
色んな事に興味が沸いて来ました。

料理も大好きで いつもキッチンで創作料理に没頭しています。
ギターも少し(クラシック.ギター)
弾き語りを一人で時々ですが練習しています。。
囲碁とか水彩画とかスケッチも好きで  
なんでも手を出すけど やってみるのですが下手な横好きです。
ゴルフは90を切るのを目標に日々練習しているのですが、体力をと何とか頑張っています。
ゴルフ趣味な方とクラブのお話や色々な話題を共有できればと...
皆様..宜しくおねがいいたします。。

母の命日に。。

末っ子で育った私は 甘えん坊だったらしい
母がこの世から、旅立って7年になります
命日に、姉と一緒に墓参りの約束をしていた前日にインフルエンザに感染
して急遽延期。。
兄弟は兄が二人いますが、父が亡くなり母が旅立ったその日から、私と姉は
故郷の実家を捨てる決意を固めていますた


兄二人と私と姉は、母の生前より母を大事にしない兄達とは確執があり
母が入院した病院は、母が絶対に行きたく無いと言っていた病院
退院するときは、裏口から出て行く人が多い、噂の病院です(棺で...)
入院したその日の夜に、母は逃げようとベッドに立ち上がった所を
看護婦さんに見つかり、朝までベッドに括り付けられて、興奮して病状が
悪化。。
病状は、低ナトリウム血漿と言って血液の中の塩分が極端に減少する病気です
熱中症の時に、水分だけを摂取してると、この低ナトリウム血漿という病気に
なります。この病気の怖いのは血液に中の塩分が減少すると、脳に酸素が送られなくなるんです


そして意識障害から呼吸困難を起こします
母は自宅療養中に、真夏の蒸し暑い時期に風邪通しの悪く、エアコンも無い部屋に寝ていてこの病を発症、そして病院へ入院する事に。。


ベッドに括り付けられた母は朝まで繋がられて、体力を消耗
低ナトリウム血漿は、水を飲みたくても飲めば更に病状は悪化するので、食塩水の点滴をするんです(水が飲みたくても、唇を濡らすだけ)
それから大分回復して来た所、翌日に看護婦さんがお風呂に入れてくれたのが
命取りだったのです。。
血圧が急に下がり、昏睡状態になり危篤の知らせで病院へ言った時には
何を話掛けても答えずに、私は耳元で..母ちゃん〜腹減ったよ〜
て叫びました。。いつか何処かでそんな話を聞いた事があるからです


昔の記憶を呼び戻すと、目を覚ます事があると 。。


でも 奇跡は起こりませんでした(水を飲みたいと言った言葉が最後です)


そんな母の命日に今年は行けなかった


来週でも 予定を立てて絶対にお線香を   。。。


母の肩 揉めば骨有り 春の雪   
春の雨 草木も優しく 父と母   穂風  (勝手に付けた俳句の雅号です)

                                                   美穂のためいき ひとりごと  。。